プロペシアとミノキシジルが本当に発毛する育毛剤、AGA治療薬!

本当に発毛するのはプロペシアとミノキシジルだけ!

AGA外来でも使っているプロペシア(フィナステリド)とミノキシジル

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルはアメリカのFDA(Food and Drug Administration)や日本の厚生労働省が発毛を認めた医薬品です。

 

また日本皮膚科学会が公表するガイドラインにはこのプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの2種類の医薬品がAランクを獲得しています。 Aランクの治療というのはそのガイドラインの中で最高のランクで「行うことを強く勧められる」位置づけになります。
その他育毛にいいとされる成分や医薬品も記載されていますが、Aランクにはそういう成分や医薬品は見当たりません。(いいとされる成分はほとんどがCランク(十分な効果が無い)以下になります。

 

評価

治療方法

A:強く勧められる フィナステリドの内服薬(製品名:プロペシア、フィンペシアなど)、ミノキシジルの内服薬(製品名:ミノキシジル・タブレットなど)外用(製品名:リアップ、ロゲインなど)
B:勧められる 自毛植毛
C1:考慮してもよいが、十分な根拠がない 育毛剤成分(塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾール)
C2:根拠がないので勧められない セファランチン
D:行われないよう勧められる 人工毛植毛

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルはAGA治療をするにあたり、医師が第一に選択するべき治療薬としています。

 

このようにプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルさえあれば育毛、養毛は98%の方に効果がでる可能性があります。

 

ドラッグストアなどで販売している育毛、養毛に効果のあると称している商品は、フィナステリド、ミノキシジルの有効成分に優る育毛剤、養毛剤は有りませんので無駄な出費はお金の無駄なので購入する必要はありません。
※例外は唯一、リアップだけです。(リアップX5はミノキシジル5%)60mlで7,600円(1か月分)
本サイトでは同じ成分、同じ効果のあるジェネリック医薬品をご案内していますので大幅にコストが下がります。

 

もし必要なら直接養毛、育毛させるものではなく、それを補助する必須アミノ酸などのサプリ(リジンなど)や頭皮を荒らす界面活性剤の多く含まれる洗髪用のシャンプーじゃ無い頭皮に優しいシャンプーなどでしょう。

 

 

本当に発毛する育毛薬だけをお選び下さい。それらは通販で購入が可能です。

AGAの意味

最近よく聞くのがAGAという言葉です。

AGA(エージーエー)とは

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。 成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。 思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。 一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

 

昔、男性は年齢を重ねると誰でも多かれ少なかれ頭髪が薄くなり、特に若年層においては若ハゲと呼ばれていました。この現象は老化に伴うものでしょうがないと諦めていました。せめて抜け毛を防ぐ身体にいいものと呼ばれるものを摂取していました。海藻類などはその最たるものです。白髪を防ぎ、抜け毛、脱毛を防ぐと呼ばれ人気のある髪にいい食品でした。他には髪にいいと言われるサプリやメントールの入った頭髪がジンジンするシャンプーなどでした。
しかしこれらのものは、いいかもしれませんが、髪の毛が生えてくるというものではありませんでした。

 

しかし時代は変わりました。現代はフィナステリドとミノキシジルを使えば本当に髪の毛が生えてくる時代になりました。

 

抜け毛対策やうす毛治療に効果的だとして、近年人気を集めているのがAGA治療薬です。

 

AGAは額の部分から後退するタイプと、頭頂部の部分が目立つ場合と2通りのパターンがあり、男性が年齢を重ねていくにつれて起こる仕方のないこととされてきましたが、フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルを使うことによりおよそ98%の方に効果が出てくると言われています。

育毛、発毛させる医薬品はこの薬

プロペシアとミノキシジル併用

 

現在AGA外来(発毛外来)と呼ばれる、薄毛やハゲ治療を専門にやっている、クリニックや医療機関で使用している医薬品がこのフィナステリド(プロペシア、など)とミノキシジルです。

 

実際医療の現場でも、フィナステリド(プロペシアなど)とミノキシジルはメーンの治療薬で劇的な効果が出ています。

 

フィナステリドとミノキシジルのセット

プロペシア+ミノキシジルタブレット 10mg フィンペシア+ミノキシジルタブレット 5mg フィンペシア+ミノキシジルタブレット 10mg

プロペシアアメリカ版2箱56錠)とミノキシジルタブレット10mg100錠のセットです。
13,369円
  詳細・ご購入はこちら

プロペシアジェネリックのフィンペシア1箱(100錠)とミノキシジルタブレット5mg100錠のセットです。
5,515円
  詳細・ご購入はこちら

プロペシアジェネリックのフィンペシア1箱(100錠)とミノキシジルタブレット10mg100錠のセットです。
5,817円
  詳細・ご購入はこちら

こちらはセットものになったいますが、フィナシテリドも何種類かあります。またミノキシジルも内服薬(飲み薬)と外用薬(リアップX5と同じように塗り薬)がありますので、予算や用途(全体的に適用するのか、生え際や頭頂部を集中的に適用したいのかなど)に応じて決めてください。
※ミノキシジルタブレットで10mg錠をピルカッターで半分の5mgにして使うとコストも下がりお得に使用できます。

 

単品を組み合わせて使うことも出来ます。下記にフィナステリドとミノキシジルを記載してありますのでお好きなものを注文することが出来ます。

AGA治療薬の役割(効果)

AGA治療薬のなかで最も有名な医薬品は、国内のAGA外来(発毛外来)でクリニックなどで処方するプロペシア(フィナステリド)です。
プロペシア『フィナステリド』の役割(効果)は、男性の抜け毛、脱毛の原因であるDHTと呼ばれる酵素の生成を阻止して抜け毛をとめ弱った毛髪を正常な髪の毛にします。

 

。もともとは前立腺肥大症の治療薬として使用されていた成分ですが、研究の過程でAGAにも効果があることがわかり、転用されるようになりました。

 

もう一つのAGA治療薬であるミノキシジルの役割(効果)は、ミノキシジルは新しい毛髪を発毛させる成分で、AGA外来(発毛外来)と呼ばれる病院での薄毛治療に用いられる育毛医薬品です。日本皮膚科学会は、ミノキシジルは「男性の薄毛治療にもっとも推奨できる成分」だとしています。

 

日本皮膚学界、米国FDAが推奨するミノキシジルは、新しい毛髪を発毛させる成分です。
ミノキシジルは服用タイプ(錠剤)と、外用薬(塗り薬・泡タイプ)があります。

 

ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)を併用する理由

 

リアップX5のTVコマーシャルでも言っていますがミノキシジルだけでも発毛して本当に髪の毛が生えてきます。
しかし弱った髪の毛は育つ前に抜け落ちてしまい、これが抜け毛から薄毛に進行する原因です。それを阻止するのがフィナステリドです。
フィナステリドで弱って抜け落ちる髪を太く元気に育ててからこそ、ミノキシジルで増毛をはかるのがいいわけです。

 

逆にフィナステリドだけを服用しても、毛が増えてくるのが実感できます。
これは弱った毛根が育つ前に抜け落ちてしまうのを阻止するために、本来は抜け落ちて毛が無い状態のところに正常に生えてくるので結果として髪の毛が生えてくるわけで、新たに発毛させているものではありません。

 

よってミノキシジルとフィナステリドの相乗効果で確実に、養毛、育毛されることをおススメします。

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジル

抜け毛を減らし発毛を促進するプロペシア(フィナステリド)

 

プロペシア(オーストラリア版)1mg

Propecia 1箱28錠入  1錠226円〜

プロペシアのオリジナル品(先発品)

 

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療に厚生労働省とアメリカの医薬品局(FDA)が効果と安全性を認めている唯一の飲む育毛剤です。成分は勿論フィナステリドです。オーストラリア版が最安値です。

≫詳細ページ

フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ

Finpecia 1箱100錠入  1錠26円〜
プロペシアジェネリック

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、プロペシアと同様にフィナステリド1mgを含有し、成分が同じものです。

≫詳細ページ

フィナバルド(Finabald)1mg

Finabald 1箱100錠入  1錠30円〜

プロペシアジェネリック フェナステリド1mg含有
フェナバルドはフィナステリド1mgを含有しますので、1日1錠服用。1日分はわずか30円

≫詳細ページ

プロスカー(Proscar)

Proscar 1箱28錠入  1錠72円〜

フェナステリド5mg含有(プロペシアは1mg)  ※ピルカッターで5分の1にカットして使いますので、1日分はわずか15円(1錠換算)
プロスカーは、プロペシアと同じメルク社が製薬したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。元々は前立腺肥大症の治療薬です。

≫詳細ページ

フィンカー(Fincar)5mg

Fincar 1箱30錠入  1錠82円〜

プロスカージェネリック フェナステリド5mg含有(プロペシアは1mg)

 

フィンカーはプロスカーのジェネリック医薬品です。 ※ピルカッターで1mgにカットして使いますので、1日分はわずか17円〜(1錠換算)

≫詳細ページ

フィナロ(Finalo)1mg

Finalo 1箱100錠入  1錠19円〜
プロペシアジェネリック

 

フィナロはプロペシアのジェネリック医薬品で、プロペシアと同様にフィナステリド1mgを含有し、成分が同じものです。

≫詳細ページ

血行を促進し血管拡張作用により毛髪を増やし、太く強い髪にする。ミノキシジル

  • ミノキシジルは服用タイプ(錠剤)と、外用薬(塗り薬・泡タイプ)があります。
  • 錠剤は服用するため、手間がかかりませんし成分の吸収がよく効果も出やすいと言われています。
  • 外用薬(塗り薬・泡タイプ)は生え際や頭頂部のかなり薄いところに集中して治療出来るため、目立つところには効果が出やすいと言われています。

 

ミノキシジルタブレット(ボトルタイプ)10mg

ミノキシジルタブレット 1箱100錠入  1錠22円〜

 

日本皮膚学界、米国FDAが推奨するミノキシジルは、新しい毛髪を発毛させる成分です。外用薬と比較すると成分の吸収率が高く、即効性が高いため、塗り薬より早期の育毛が可能といわれています。※半分にカットすればコストも半分。

≫詳細ページ

ミノキシジルタブレット10mg

ミノキシジルタブレット 1箱100錠入  1錠22円〜 新タイプ

 

外用薬と比較すると成分の吸収率が高く、即効性が高いため、塗り薬より早期の育毛が可能といわれています。※半分にカットすればコストも半分。

≫詳細ページ

(Lloyd)ミノキシジルタブレット10mg(MinoxidilTablets)

ミノキシジルタブレット 1箱100錠入  1錠27円〜

 

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルが、血管を拡張し、髪へ栄養を与えながら脱毛を抑えて、髪の成長を促します。薄毛の気になる方や、育毛ケアをお考えの方、及び高血圧の治療をお考えの方に適した薬です。

≫詳細ページ

カークランド5%フォームタイプ

ークランド5% 1本60ml  1本2,248円〜

ミノキシジル 5% ※(リアップX5は1本7,600円)

 

TVCMで有名な日本で唯一発毛が認められたAGA治療薬のリアップX5の同等品です。ミノキシジルの外用薬は実績充分です。

≫詳細ページ

ロゲイン5%

ロゲイン5% 1本60ml×2本 スポイト付き  2本で5,822円 1本分だと2,922円

ミノキシジル 5% ※(リアップX5は1本7,600円)

 

TVCMで有名な日本で唯一発毛が認められたAGA治療薬のリアップX5の同等品です。ミノキシジルの外用薬は実績充分です。

≫詳細ページ

ジェンヘアー ミノキシジル15%ローション(Genhair M15)

Genhair M15 1本60ml  1本2,502円〜

ミノキシジル 15% ※(リアップX5は1本7,600円)

 

ミノキシジルの含有量はリアップX5の3倍です。生え際や頭頂部など集中的に使いたい箇所にお使い下さい。

≫詳細ページ

育毛<<爆絶浸透>>セットト

 

爆毛根+スカルプα

育毛剤浸透機器スカルプアルファ
ミノキ育毛ローション爆毛根 5ml×12本 
今だけ 爆毛根1箱無料 プレゼント

 

電池式髭剃り機と同じくらいの大きさのスカルプアルファならテレビを見ながらでも手軽に簡単に振動でミノキシジルを浸透させることが出来ます。
※モニター調査では、爆毛根は1本につき約80プッシュでき、頭全体に使った場合、1箱(12本)で1か月半〜2か月もつ人が多かったというデータが報告されています。

 

 

スカルプアルファ+爆毛根ローション5% 通常38,700円 ⇒ 29,800円

 

スカルプアルファ+爆毛根ローション7% 通常39,600円 ⇒ 29,800円

 

≫詳細ページ

低予算で抜け毛防止、育毛、発毛させるには

「抜け毛を気にして出来れば若い時みたいに髪の毛がフサフサに戻したい。」
「生え際や頭頂部がかなり薄くなり、実際の年齢より老けて見られるのは恥ずかしいし嫌になる。」

 

「もう年齢だからしょうがない。」「自分の家系では遺伝だからしょうがない。」と諦めている方は別にして、「以前のように髪の毛がフサフサなるものなら治したい。」「もう少しボリュームがでるだけでいいんだけど・・・」と思う方は多いみたいです。

 

TVCMで宣伝しているリー●21などは聞くところによると、「全部で80万円くらい出費した。」などの声も聞かれます。
他には日本で唯一神が生えてくる医薬品であるリアップX5(ミノキシジル)は1ヶ月で1本使うのですが、価格が7,600円となります。またAGA外来(発毛外来)で実際使われているプロペシア(フィナステリド)は診察料を含めますとやはり1ヶ月分で1万円からかかります。
※ミノキシジルは別にかかります。

 

育毛、発毛させるには最低でも3か月〜6か月はかかります。継続する方はその後2年でも3年でも継続させています。
胃腸薬や風邪薬などは1週間もその医薬品を使えば完治して、短期で終了します。しかし育毛、発毛治療は長期になりますのでコストが問題となります。

 

しかし諦めないでください。現在はジェネリック医薬品があります。ご存じのようにオリジナルの先発品と比較しますと、大幅に低価格で購入できます。

 

本当に髪の毛が生えてくるミノキシジルやフィナステリドのジェネリック医薬品は日本では販売していませんので、海外で実際に販売されているミノキシジルやフィナステリドのジェネリック医薬品を、個人輸入の通販で購入すれば驚くほど安く購入することが出来ます。

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの選び方

AGA治療薬は、プロペシアとミノキシジルが絶対的に効果の出るものとなります。個人輸入の通販で購入できるジェネリック医薬品も多数存在しますが。確実な効果を期待するのであればフィナステリドとミノキシジルの2種類を選択すれば間違いないでしょう。

 

選び方ですがプロペシア(フィナステリド)もミノキシジルも同じ成分ですので、効果も同じです。
ですから価格で選んでもいいと思いますし、あまり価格が変わらなければデザインや製薬会社で選んでもいいかもしれません。

 

重要

 

ただ一つだけ守ってもらいたいのは、いきなり成分の多いものは避けることです。
初めてその医薬品を使うときは、身体が慣れるまでは少ない量にし、徐々に増やしていくことです。

 

例えばツゲインなどのローションタイプのミノキシジルならいきなり10%の多いものではなく、5%のものから始めるとか、タブレットタイプ(錠剤)は2.5ngから始め、その後5mgなどと増やしていきます。
フィンペシアやフィナロなどのフィナステリドの場合は、1mg配合されていますが、最初は0.2mg(5分の1錠)、又は4分の1錠の0.25mgからはじめ徐々に増やして最終的に上限である1mgまでに持っていくのが正しい使い方です。
※必要に応じて適宜増減できますが、増量により必ずしも効果が高くなるという事はありませんのでご心配なく。
まず身体になじませましょう。

 

フィナステリドはピルカッターなどでカットして使うことでコストも抑えられます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ