頭が痒い、フケが多い方はニナゾルシャンプーで脱毛防止

脂漏性湿疹を治療して脱毛防止

頭が痒い(かゆい)、フケが多い方は脂漏性湿疹かも?

頭の痒い方、フケの多い方は一般的に抜け毛が多く薄毛がら脱毛になり髪の毛が薄くなる方が多々います。寝ている間に無意識に頭を掻いて、起きるとフケが出て髪の毛も大量に落ちているときはありませんか?これは脂漏性湿疹かもしれません。

 

脂漏性湿疹の症状と原因

脂漏性湿疹は頭皮や顔にできる湿疹で、

 

  • 赤いポツポツができる
  • 角質のくず(フケ)が皮膚に付着する
  • 非常にかゆい

 

という特徴があります。

 

幼児や高齢者に多い皮膚病ですが、成人でもストレスやホルモンバランスの乱れなどで免疫機能がおちたときにでることがあります。皮脂の分泌が多い部分に起きやすい症状ですが、直接の原因は日和見的に真菌(カビ)の1種のマラセチアが繁殖することです。

 

真菌類はふだんから皮膚の上にある菌ですが、体力が弱ったり、精神的なストレスがたまったりして免疫力が低下すると異常に繁殖することがあります。
真菌が繁殖すると、皮脂が肌に刺激のある遊離脂肪酸に変化して皮膚を刺激し、湿疹をおこします。これらの症状の改善に効果を発揮するのがニナゾルシャンプーの有効成分ケトコナゾールです。
※ニゾラルシャンプーとも言います。

ニゾラルシャンプー

ニナゾルシャンプー(Ninazol Shampoo Ketconazole)2% 100ml

 

※ニナゾルシャンプーは普通の洗髪用のシャンプーではありません。

 

【1本】⇒⇒ 1,600円
【3本セット】⇒⇒ 2,647円 (1本あたり 1,324円)

 

 

ニナゾルシャンプー商品概要

  • ニナゾルシャンプーは頭皮の『脂漏性湿疹』の原因になる真菌の繁殖を抑制して、頭のかゆみやフケを治療する薬用シャンプーです。
  • ニナゾルシャンプーは成分のケトコナゾールが真菌の繁殖をおさえてかゆみや湿疹、フケなどの症状を治療します。AGA治療中の人は脂漏性湿疹が脱毛を促進するのでとくに注意が必要です。
  • 有効成分の『ケトコナゾール』は、脂漏性皮膚炎の治療でミノキシジルの育毛効果を促進するだけでなく、男性ホルモン「テストステロン」がDHT(ジヒドロテストステロン)にかえる『5αリダクターゼ』の働きを阻止して、AGA(男性型脱毛症)の抜け毛を防止する効果も期待できます。
  • 『市販のスカルプケアシャンプー』では、脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)は治療できません。

 

ニナゾルシャンプーの使用方法

最初の2〜4週間は週に2回、ニナゾルシャンプーを使って洗髪します。
通常のシャンプーで洗髪後、ニナゾルシャンプーで洗髪します。3分から5分ほど放置してからよくすすぎます。

脂漏性湿疹になると頭皮を痛めます

脂漏性湿疹の症状として、頭が痒くなったり、フケが非常に多くなったり、頭皮に赤いポツポツが出たりすると、思わず頭を掻いてしまう方が多い様です。

 

その際カサブタ状になったものが爪に引っ掛かり頭皮をはがしてしまいます。この際毛根も一緒に取れてしまい脱毛を進行させます。

 

更に悪いことにはフケや痒みを直したいため、非常に洗浄力の強いシャンプーで頻繁に髪を洗う方がいます。
その洗い方も問題で、ゴシゴシと強めに力を入れて頭を洗います。人によっては爪を立てて洗う方もいます。

 

これは間違った洗い方です。

 

若い毛根や、これから育つ毛包細胞を破壊するようになり、脱毛を進行させます。
以上のような行動は薄毛、脱毛を進行させますので絶対にやめてください。早めにニナゾルシャンプーで治療しましょう。

 

男性型脱毛(AGA)を治療中の人には、脂漏性湿疹はたいへん悪い影響を与えます。

真菌がつくり刺激性の物質は毛根にもダメージをあたえて脱毛を促進します。

 

脱毛の予防でニナゾルシャンプーを使用するときは、ミノキシジルを配合した発毛促進の育毛剤、フィナステリド(プロペシアやフィンペシア等)を配合した脱毛予防薬を併用すると効果的です。脂漏性湿疹とAGAが合併して脱毛を早めているケースはたいへん多いので、注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ