プロペシアとミノキシジルを併用

プロペシアとミノキシジルを併用が最善方法

AGAになる原因と対策

AGA治療の基本は弱った毛根が育つ前に抜け落ちる髪の毛を防止することです。
この症状が進行することで、残った髪の毛も細く弱くなり、次第に髪の毛が抜け落ちてスカスカになり最後は禿げあがってしまいます。

 

遺伝や加齢で髪が薄くなるのは男性であれば男性ホルモンの関係ですべての方に影響が出てきます。

 

悪玉男性ホルモンと言われるDHTとは

DHTは胎児期の男性の生殖器の成長(第一次性徴の形成)に重要な役割を果たすホルモンですが、成人してからは脱毛や前立腺肥大の原因になるので「悪玉男性ホルモン」などと呼ばれています。

 

男性でも毛髪の薄くなる人とならない人がいるのは、テストテロンをDHTに変換する5αリダクターゼが効率的に作用する人とそうでない人がいるからです。男性ホルモン受容体の感受性が強い人ほど、5αリダクターゼが効率的に作用してDHTがより多く産生されます。

 

この感受性の強さは遺伝的に決まっていて、人によって大きな差があります。したがって男性ホルモンのテストテロンの量は同じでも、DHTがより多く作られる人がいて、そういう人は脱毛が早く進行することになります。

 

 

それを防止するのがプロペシア(フィナステリド)です。
フィナステリドは男性ホルモンのテストテロンがDHT(ジヒドロテストテロン)に変換されるのを阻害する薬です。

 

 

同じくAGA治療に効果のあるミノキシジルは血行を促進し血管拡張作用により毛髪を増やし、太く強い髪にしてくれます。

 

つまり新たな毛髪を発毛させて毛髪量を高める効果があります。

プロペシアとミノキシジルを併用する理由

医学的に育毛発毛が認められているのは、このプロペシア(フィナステリド)とミニキシジルしかありません。

 

よってこのプロペシア(フィナステリド)とミニキシジルの2大医薬品の併用が最善の方法です。

 

これ以上の医薬品はありません。

 

巷では「育毛にいい。」と称するヘアケア商品が多く出回っています。
しかし全然効果が無いとは言いにくいですが、気休め程度でしょうね。

 

日本のミノキシジルではリアップが有りますが、従来はわずか1%しか配合されていないのですがそれでも「日本で発毛が認められるには唯一リアップだけ。」と大威張りで声高らかに宣伝をしていました。こんなわずかな含有量ではあまり効果が出なかったのではないかと思います。※最近リアップX5になってやっと5%になりました。

 

わが国で育毛ケアに関する認識度はこんなものです。
知識のない方は、育毛ケアにいいとされる育毛剤を、高額な金額で購入されています。
もったいないですね。無駄な出費です。

 

もし追加で購入するとしましたら、新しい毛根をつくるのに必要なアミノ酸などの補助サプリ等を購入することをおススメします。
他には頭皮を痛めない界面活性剤の強くないシャンプーですね。

 

プロペシアとミノキシジル併用

個別商品はこちらからどうぞ

 

フィナステリドとミノキシジルのW効果

 

★フィナステリドで弱った毛根が育つ前に抜け落ちる髪の毛を防止し、今まで育たなかった髪の毛を増やし、
★ミノキシジルで毛根周辺の血流を良くし、毛乳頭と毛母細胞を活性化させる。更に毛髪に栄養を運んで生育を促進する。

 

 

病院での発毛外来と同じ医薬品を通販で格安で購入できます
※発毛外来ではAGAの治療には基本的に、フィナステリドとミノキシジルの2つの治療薬が処方されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ